イメージ画像

キャットフードの口コミ・評判

サイエンス・ダイエットで減量に成功したうちの猫

サイエンス・ダイエットの魅力に気付き、最近ハマっています。

猫を飼っているのですが、最近ちょっと体重が増えすぎてきました。

去勢してからセーブして食事を減らしていたのですが、どうしても食事を与えろとせがむので、 ついつい与えてしまいます。

可愛い愛猫なので、甘えられたら弱いのですが、そんなことでは愛猫の寿命に関わると思い、 最近食事を大幅に見直すことにしました。

調べてみると想像以上にペットフード関係は多く、 特に機能性商品がバリエーション豊かに展開されているのが印象的でした。

サイエンス・ダイエットを知ったのは友人やペットショップの店員さんがオススメしてくれたからです。

ネットの評判も参考にし、総合的な観点からサイエンス・ダイエットの魅力を感じました。

まず、猫の満足感が違いました。

普通のダイエットだと食事時の満足感が得られず、いつまでも餌を求めて鳴き続けることもありました。

飼い主にとっては可哀想で、つい多くおやつを与えてしまうのです。

でも、サイエンス・ダイエットならしっかりと量を取った気になれるので明らかに猫の満足感が違い、 カロリー面での安心感がありました。

食事を摂ることに一定の安心感を覚えられるので、お留守番させる時でも心配事が一つ減りました。

栄養面から考えてもサイエンス・ダイエットはバランスが取れていて、 大事な猫ちゃんの健康を考えるならこれからも使うべきだと思います。

実際に使ってから判断すると向き不向きが分かるので、 そういったポイントもサイエンス・ダイエットはいいと思います。

サイエンスダイエット商品一覧はこちら - 楽天

他のキャットフードの口コミはこちら

歯のない猫でも食べられます!サイエンス・ダイエット シニア 缶詰 高齢猫用

我が家の飼い猫は推定10歳以上。

口内炎・歯肉炎がひどく全抜歯を行ったため、歯が一本もありません。

そのため、食事は歯がなくても食べられるやわらかいウェットフードと、 丸飲みできる小さめのドライフードです。

ウェットフードは何種類かをローテーションであげていますが、 一番食いつきがよいのはサイエンス・ダイエット シニア 缶詰 高齢猫用(チキン/ターキー)です。

なんとも言えない独特のにおいがあり、私にはかなり臭く感じられるのですが、 それが猫にはたまらないようです。

歯がない飼い猫のために、ウェットフードはすり鉢ですってお湯などで硬さを調節してあげていますが、 この作業がけっこう大変で当初はかなり苦労していました。

ですが、サイエンス・ダイエット シニア 缶詰 高齢猫用(チキン/ターキー)を使うようになってから、 かなり手間が減り楽になりました。

サイエンス・ダイエット シニア 缶詰 高齢猫用(チキン/ターキー) はテリーヌのような食感でとてもやわらかく、スプーンで簡単にほぐすことができます。

お皿に持ってスプーンで軽くつぶして出すだけなので、猫を待たせることもなく、 すぐにご飯を出してあげることができるようになりました。

歯がなくてもなめとって食べられるやわらかさなので、 すでに歯がない猫や硬い物や固形物が食べづらくなってきた猫に特におすすめです。

種類はチキンとターキーの2種類です。

どちらもやわらかいのですが、 ターキーの方がさらにやわらかい食感です。

サイエンス・ダイエット シニア 缶詰 高齢猫用(チキン/ターキー)は、 総合栄養食なので、安心してあげることができます。

私が通っている動物病院の入院食も、 サイエンス・ダイエット シニア 缶詰 高齢猫用(チキン/ターキー)でした。

病院でも使われているほど、栄養価がしっかりした商品なのだと思います。

残念なのは、他のメーカーのウェットフードに比べると、商品バリエーションが少ないこと。

サイエンス・ダイエット シニア 缶詰 高齢猫用(チキン/ターキー)は お気に入りのウェットフードではあるのですが、毎日2種類を交代であげると飽きてしまうので、 他のメーカーのウェットフードも併用せざるをえませんでした。

もっと種類が多かったならなあ…と残念に思います。

また、他のメーカーの缶詰に比べると値段が少々高めなのもつらい所です。

サイエンスダイエット商品一覧はこちら - 楽天

他のキャットフードの口コミはこちら

このページの先頭へ