イメージ画像

キャットフードの口コミ・評判

キャットフードの選び方で困らない変わった猫

ペットの飼い主が注意を払う事の一つに食事があります。

猫が喜ぶキャットフードをどの様にして選ぶのか、 選び方があれば良いのですがこれといった選び方は無いと思われます。

初めて猫を飼った時は安価なドライタイプのキャットフードでした。

食欲のある猫でしたからどの様なキャットフードでも食べていました。

ドライタイプからウエットタイプに変えても良く食べましたから、 キャットフードの選び方に困ったという事はありませんでした。

特にドライタイプのキャトフードに、 犬猫用の削った花かつおをトッピングすると喉を鳴らして食いつきます。

暫くして猫の健康面も考えてプレミアムキャットフードに変えてみました。

注意書きに猫によっては一度にキャットフードを変えてしまうと、 食べない事もあるので少しずつ変えていく様にとありました。

食べるかどうか少し心配でしたが問題は無い様で食欲が落ちる事はありませんでした。

しかし、よく注意して見ているとキャットフードの商品により、 良く食べる物とあまり食べない物がありました。

やはり、猫にも好き嫌いがあったようです。

これがこの猫のキャットフードの選び方のヒントになりました。

最初の猫が亡くなって二頭目の猫が来ました。

この猫は好き嫌いがはっきりしています。

まず、ウエットタイプのキャットフードは食べません。

美味しいと思われる缶詰を用意しても臭いだけ嗅いで口をつけません。

ドライタイプのキャットフードであれば食べるのです。

変わった猫です。

誕生日などで少し高価なキャットフードにする時もドライタイプになります。

それも良く食べる商品は大体決まっています。

プレミアムキャットフードは殆ど食べません。

猫用の削った花かつおは大好きです。

この猫に関してはキャットフードの選び方に迷う事はありません。

他のキャットフードの口コミはこちら

猫にあったキャットフードの選び方

昨今ぺットフード業界はめまぐるしく開発が進んでおり、 多種多様で何を選んだら良いのか迷うところです。

何を基準にするかはその猫によって違ってきます。

年齢によっても体重によっても選ぶキャットフードは違います。

一番難しいのが複数飼いの場合の選び方で、 対象年齢が幅広いキャットフードを選ぶのが良いと思います。

我が家の場合は上の猫が尿路に問題を抱えており、 一般的なキャットフードを与えると膀胱炎になってしまうため、 尿phコントロールに配慮されたキャットフードを選んでいます。

また、避妊手術もしているため選ぶのはいつも避妊去勢した室内飼い猫用のものにしています。

一番のお勧めはピュリナです。

比較的低価格で味も種類があり、 うちの猫たちの好きな味を2種類交互に与えています。

最初の頃はサイエンスダイエットを与えていたのですが、 味があまり好きではないようで食が進まず、何が良いかいろいろと探してピュリナにたどり着きました。

ピュリナの中でも「ターキー」という味が好きです。

低脂肪、低カロリー設計で体重管理のサポートもしてくれますし、 天然食物繊維を配合してあり毛玉の排出にも効果的で、 何より欠かせない尿ph管理(ミネラルバランスの調整で)に配慮してあります。

猫たちそれぞれ好きな食事に違いがある為、絶対これが良いというものはありません。

キャットフードの中でも缶詰が好きな子、ドライフードが好きな子、 魚系が好きな子肉系が好きな子と様々な個性を持っていて、 大切な家族であり我が子のような存在の猫達その子その子にあった食事を探してあげることが、 飼い主さんの使命だと思います。

キャットフード売れ筋ランキングはこちら - 楽天

良いキャットフードの選び方

キャットフードの選び方では、 ドッグフードに比べてペットの好みをより優先させる必要がある場合が多いのではないかと思います。

猫の中にはフードの好き嫌いが激しい個体が多く、 食べない猫は何を与えても食い付きが悪いので、 飼い主はペットがどうにか食べてくれる物を求めて、 キャットフードを探し回らなければならないことも珍しくありません。

できれば食の安全や価格を考えてちょうどいい物を与えたいところですが、 こうなると選び方も難しくなってきます。

ずっと前に家で飼っていた猫は、まさに食べ物の好みにうるさいタイプでした。

与えたキャットフードをなかなか食べてくれずに苦労した記憶があります。

正直、高価格の物でもペットの口にさえ合えば続けていこうと考えていたんですが、 この猫はむしろ低価格の一種類しか食べませんでした。

なので、心配はそのキャットフードの栄養価と安全性になってきます。

安いフードの品質が一概に劣るとはいえませんが、 猫にとって有害なミネラル分の含有量が多いのはよく知られているところです。

うちではその猫が好む物を主食として、 あとはより安全そうなキャットフードを頑張って食べさせて妥協しました。

幸い、食事が原因と思われる病気などには罹りませんでした。

選び方で注意したいのは、たとえ猫の口に合っていたとしても、 ドッグフードをはじめとした他の動物用の餌を与えてはならないということです。

特に高カルシウムやマグネシウムの食事を摂取し続けることは、 猫にとっては命取りになります。

猫はまた魚介類の風味の物が好きですが、 市販のキャットフードではなく素材そのままを与える場合には、 選び方を間違えると危険なのでこちらも要注意です。

煮干しや海苔などは、消化が悪かったりミネラル分を多く含んでいる場合があります。

今飼っている猫は与えた物をちゃんと食べてくれますが、 前の猫のおかげで良いキャットフードの選び方を学べたような気がします。

他のキャットフードの口コミはこちら

我が家のキャットフードの選び方

我が家では5匹猫を飼っています。

そのためキャットフードの選び方は、その5匹の状態を考えて選びます。

まずは年齢対策です。

我が家では皆10歳以上なので高齢用で選びます。

次は10歳前から選んでいた基準ですが、毛玉対策とFLUTD対策がなっているキャットフードです。

以前に尿結石を患った猫がいるので気にしています。

そして毛玉対策は、猫の習慣の毛づくろいの毛玉吐きの負担を軽くしたいと思うからです。

そんな様々な理由で年々考えながらキャットフードを選んできました。

最近、特に気にし始めたのが安全性です。

自分の食事を気にするようになり、同じように猫達の食事も気になりだしました。

年齢だったり、毛玉だったりも大切な事ですが、 どこで作られて何が入っているのか気にするようになりました。

そのため今まで見ていなかった項目もチェックするようになって、 結果国産のキャットフードを選ぶようになりました。

海外産でも優秀なキャットフードは多くあります。

ただ、私と同じように日本に住んでいるなら日本の物を食べさせたいと思いました。

猫達も年々、年をとってきました。

きっとこれから、病気や老いによって食べる物も制限されるかもしれません。

今は同じキャットフードを選んでも、食べて貰えていますが、 それぞれ食べるキャットフードが変わってくる可能性もあります。

でも食べる事は、きっと私達人間以上に楽しみに思っている事だと思うので、 安心して食べられる、いいキャットフードを選んでいってあげたいと思っています。

キャットフードの種類が増えた事も選ぶ側として大変助かっています。

キャットフード売れ筋ランキングはこちら - 楽天

このページの先頭へ